バタバタ感も少し落ち着きました。

ここのところ、雨が降る日もあり、より一層肌寒くなってきました。

上棟してから、順調に現場も進んでいます。
今は、大工さんが壁の下地を起したり、内部の内法材などの加工を作業場で行っています。
屋根・雨仕舞も万全です。
現場での打合せも、それぞれの職人さんと話しが出来て、時間に余裕ができてきました。
先日は、大工さんとの打合せ内容で聞いてきた材料の仕入れに行ってきました。
良い材料を入れたいが、予算の関係もある。
欲しい材料は、木の家を建てる人はみんな同じ。
なかなかいい大きさ、等級の材料は見当たりません。
建材屋 材料選び
木材問屋の奥の奥まで探します。
見つけた材料を、倉庫の番頭さんが出すまで、半日仕事になりそうです。
積み上げられた山の奥の奥。6本欲しいばかりに申し訳なく思います。

昨日の夕方、小学校に行ってきました。
高嶺小学校 運動場から
娘の教室で、床が浮いてしまっているということで、伺ってきました。
学校の校舎は、私が入学した33年前から変わりません。
娘の校舎は、私が低学年の時にも使用したもっとも古い校舎です。
小さいころに、暗いトイレが嫌だった記憶があります。
床を見させてもらうと、ひどいものです。
娘の教室
普段は黒板下のヨウカン(踏み台)の下に隠れるので、子ども達が触れることがないのでいいですが、早急の対応が必要です。
学校と相談して、いい改修ができればと思います。
自分も通って、仕事についてからも耐震補強工事などをやらせてもらって監督として成長させてもらい、今でもお世話になる小学校です。