驚くことばかり!レフティーモンスターと闘将

ここ最近、驚くことばかりが続きます。
台風は、北海道には上陸しないと言われていた台風が、3つ連続で上陸となりました。
関東圏では、大雨。
ニュース映像では、マンホールから噴水のように吹き上がる水。
おかしな気象状況です。

スポーツの世界では、大きなイベントが終了しました。
オリンピックでは、日本は大成功だったのではないでしょうか。
今までの得意種目に加え、卓球・バドミントン・カヌーとメダルを獲得することができました。
日々の努力を結果に結びつけることの難しい世界の中で、それをものにする力強さを見せてくれました。
また、閉会式の日本のアピールも、格好が良かったです。

日本のスポーツ界の中で、元気のないところがあります。
名古屋です。
中日ドラゴンズ 谷繁監督に続き、
名古屋グランパス 小倉監督の事実上の解任。
絶対に変えないと言ったとこなのに・・・。
レフティーモンスター解任
私は、もちろんグランパス・中日を応援しています。
グランパスはサッカー小僧の頃から、浮気をせずに応援しています。
1992.8.1.名古屋グランパスデビュー戦 対コリンチャンス
チームのお披露目となった試合です。中学のチームメートと観戦に行き、初めてサッカー観戦をしました。
その時は、リネカーの入団挨拶があり、『サッカーダイジェスト』にはリネカーの背後に小さくに私が載っていました。
今でも、大事にとってあります。
弟を連れて、初めて名古屋に行ったのも、瑞穂スタジアムでした。
その頃、夢中だったのが、ガルサ選手と小倉選手でした。
小倉は、左足での強烈シュートから『レフティーモンスター』と呼ばれていました。
高校サッカー決勝での四日市中央工業高校 小倉 VS帝京高校 松浪(のちにガンバ大阪) の両校優勝。
嫁さんも、この試合でサッカーが好きになったと聞いたことがあります。
四日市からグランパス。
未だ名古屋圏では、ファンも多いと思います。
そんな小倉が監督に。
難しいシーズンになるとは、思いました。
守備陣も大きく入れ替わり、大きな改革の1年目。
結果は期待をしていませんでしたが、降格争いを戦うとは・・・。
しかし、社長は『絶対に変えない』と。
それから1ヶ月での解任。
結果が出ないのは、監督の責任。それは間違いないと思います。
しかし、実際は宙ぶらりんの中で、指揮を執り、チームとしての方向性も定まっていなかったのでは?
スローガンも、いつの間にか変わってしまったし・・・。
そんなことが、この1ヶ月に集約されているような気がします。
オリジナル10(発足時の10チーム)で降格していないのは、鹿島・横浜Mとグランパス。
貴重なチームです。
堪えてほしいです。
小倉もいい形でチームに戻ってきてほしい。
これから、どうなるか?

またまた、今日の朝に、ビックニュース。
夏目さん、有吉と熱愛発覚。
何か悔しいけど、そんなことじゃありません!
闘将が帰ってきます。
闘莉王が電撃復帰!
熱い男が何かやってくれることを期待して、応援しようと思います。