工務店が造る猫と暮らす注文住宅

 

豊田市の工務店都築建設の猫と暮らす木の家

最近の猫🐱ブーム。近年ペットとして犬を上回り、猫が一番になったそうです。散歩に行かなくてもいい猫を飼っているならば、住宅の中で退屈することなく、「楽しく過ごせる家」を飼い主さんだったら誰でも望みますよね。そこで猫と一緒に暮らす注文住宅について、猫の特性を上げたうえで考えていきたいと思います。

猫の特性は・・・・

・高いところが大好き 棚の上も散歩道 

・日向が大好き 昼間は陽の光を浴びて寝っ転がりたい

・隙間があったら入りたい 狭い場所も好き

・縄張り意識が強い 近くの他の猫が気になってしまう

・きれい好き トイレはきれいなところがいい

 

以上の特性を頭に入れて、猫と楽しく暮らす家にはこんな工夫が必要です。

猫用のくぐり戸、キャットウォーク(猫用の通路)、上下運動できるキャットステップ(猫用の階段)、飛び出し防止用フェンスなどもオプションとして欲しいものです。他には傷つきにくく滑りにくいフローリングの床材もあります。

網戸は猫がよじ登っても破れないよう網の強度を高めたもの、壁紙(ビニールクロス)は爪とぎの引っかき傷や破れができにくい丈夫なものなどもあります。

予算も通常より割高になってしまいますので、猫の入る部屋、入らない部屋を作って調整することをおすすめします。

都築建設で建てたお客様の事例では、収納の下部に猫のトイレ置場スペースを作り、壁を鏡面仕上げ(キッチンパネルのようにツルツルした素材で掃除がしやすい)にしたり

木で造る注文住宅の猫のトイレ置場

日差しがたくさん入るキャットウォークを作ったり、

豊田市木の家工務店都築建設の猫と暮らすお客様の家キャットウォーク

階段の上り下りを楽しめる箱階段を作りました。

豊田市木の家工務店都築建設のオーダーメイド箱階段

どうしても無垢のフロアー材は傷ついてしまいますが、「それが味だから(^^)」とお客様は答えていらっしゃいました。またあるお客様は「ホームセンターで売っている爪とぎをいくつか置いたら、木の柱では爪とぎはしないよ」とおしゃってました。そのお客様は猫が自分で引戸を開けてしまうため、猫が入ってほしくない部屋には廊下側から掛ける鍵を付けました。

また、棚やカーテンレールを経由してエアコンに上ってしまうことも考えられます。そこからキッチンなどに飛び移る可能性があるため、エアコンの位置を十分に検討する必要があります。また、レールが天井に埋め込まれているカーテンボックスにすれば、こうした危険も軽減できます。

このように愛猫ちゃんのためにひと工夫、ふた工夫して、お施主様にとっても猫にとっても楽しく快適な注文住宅をつくることができるようにしたいですね。