看板娘 ちょこ

我が家・会社の看板娘 『ちょこ』(犬 雑種 2002年5月生まれ)について書こうと思います。
最近の暑さに、日中はおとなしく涼しいとこを見つけては、ダラダラとしています。
昔から、人に対して吠えたてたり、向かって行ったりしない、人なっこくていい子です。
近所の人、お客さんにもファンがいる看板娘です。
産まれてから、家に迎えてから14年。
中型件で考えれば、83歳くらいとなりました。
ちょこ 2002年6月
写真は、家に連れてきたときの写真です。手前が『ちょこ』、奥が『まーぶる』です。
まーぶる は、姉の家にもらわれていきました。
近頃は、散歩の足運びもゆっくりとなり、昔の力強さがなくなりました。
小学1年の娘でも、止めれるくらいになりました。
もう、おばあちゃんになったなと感じてしまいます。
最近、昼・夜かまわず、単調な吠え方で、吠え続ける時があります。
初めは、倉庫に住み着いた鳥に対して威嚇しているのかと思ったのですが、どうもそうではないらしい・・・・?
人にかまってもらいたいときは人に応じて吠えるが、どこかを見ながら一定の間隔・同じ吠え方をします。
見えてはいけないものが見えてしまう、霊感が宿ってしまったのでは・・・・・・。
心配になります。
夜に大きな声で、吠え続けられるとご近所さんにも申し訳ありません。
しかし、対処法も見つからず。
調べてみると、犬にも存在する『痴呆症』の症状に近いみたいです。
年を考えれば、否定もできません。
なんか、寂しくなってしまいます。
当たり前のことですが、いつまでも元気がいいですが、そうもいかんですよね。

まだまだ、子ども達の先輩として頑張ってもらいたいです。